薬膳をご存知ですか?

 

薬膳とは、中国が発祥のいわゆる東洋医学の中で、その医学理論に基づいて健康のために編み出された料理全般の事です。

 

それに必要な食材や使う調味料も、研究された健康理論によって決められています。

 

それぞれの食材に健康効果があり、それらを組み合わせ個人の体調に合わせて選びだされます。これは単に栄養補給のためだけの健康に良い食事とは異なり、医学的な研究の積み重ねから生み出された、食べる漢方ともいうべき料理です。

 

それらには病気や体調不良の治療や予防の目的が込められています。

 

代表的な薬膳に使われる食材

食材にはそれぞれに特性があり、それを健康管理に余すところなく活かすというのが薬膳です。そのため、それぞれの食材が体内でどのような効果を持つかを体系的に示し、そこから処方するというシステムがあり、「五気」と呼ばれています。

 

「寒性」は「涼性」は体の温度を下げ、不必要な熱を排出し、過度に機能している体の部分を沈めたりする働きをすると定められた食材です。

 

「涼性」の方がより穏やかな効果を持っています。これらに属するのはハト麦、ウコン、きゅうり、なす、豆腐、バナナ、トマト、スイカ、セロリ、ほうれん草、塩などが含まれます。何も特別な食材たちではなく、日ごろ使用する材料まで徹底的に分析してカテゴリー分けされていることが分かります。

 

「温性」と「熱性」は、その逆で体を温める働きの食材が集められています。体温の上昇や、いわゆる「気」や血液の循環効率を高め、体の機能を活性化させる役割を担っています。新陳代謝を良くするとされているのも、この「熱性」と「温性」の食材の働きです。

 

例として、ショウガやネギ類、かぼちゃ、こしょう、にら、しそ、紅茶、マグロや鶏肉まで含まれています。一部は日本でも通説で聞きますよね。

 

その他として、体を冷やしも温めもしない穏やかな特性と考えられているのが「平性」です。山芋やうめなどがこれに属します。

 

その他の分類

その他の考え方としては、味覚で分ける「五味」(または六味)、色で分ける「五色」などがあります。

 

「五味」場合味で区別され、それぞれ酸味、甘味、辛味、淡味、苦み(六巳の場合は鹹味も考慮される)に区分され、それぞれの健康効果を加味して食材を選びます。

 

色の場合も同様で、黒、白、赤、青、黄に分けて、それぞれの効能が設定されています。

 

まとめ

これらの食材を、体調に合わせてカテゴリーごとに選び出して組み合わせ、料理するのが薬膳です。

 

学ぶと奥がとても深い学問で、一味違った視点から料理を考えることが出来るでしょう。

関連ページ

東洋医学とは
東洋医学とは、東洋思想に基づいて体系づけられた医学です。東洋思想とは”陰陽””五行””天人合一”などで、これらを自然発生的に起こった医療技術と結びつけた哲学が、今現代の東洋医学となっています。
スパイスの一般的な使い方
料理に欠かせない調味料のひとつに、スパイスを上げることができます。スパイスとは香辛料のことで香り付けはもちろん、色や辛みも出すことができるので、料理の味を引き締めたいときなどに使用することができます。
馴染み深いスパイスに含まれる成分
カレー粉の種原料ともなっているクミンは、カレーの香りには欠かすことができない、日本人にとても馴染み深いスパイスのひとつです。クミンは地中海沿岸原産のセリ科の植物で、料理に使われているのは実の部分です。
山椒や唐辛子を活用しよう
山椒はミカン科のサンショウ属の落葉低木で、山椒の実はその木にできます。山椒の実には、ビタミンB群やビタミンE、カルシウム、鉄分などの豊富なビタミンやミネラル成分が含まれています。
栄養補給に役立つスパイス
香辛料、つまりスパイスは、身体にとっては良い刺激物で、これを体内に摂取することで発汗作用を生じさせることができます。とくに暑い時期に栄養補給として積極的に摂取したいスパイスとして唐辛子、ショウガ、マスタード、山椒、ゴマ、ニンニク、シナモンなど挙げることができます。
滋養強壮になる漢方とは?
漢方では、滋養強壮が体質の改善として古くから使われてきました。とくに乳児や幼児期のときは虚弱体質を改善するために滋養強壮として漢方薬が用いられています。小さい頃から漢方で滋養強壮をすることで、身体の弱い部分を補うことができ、体質を改善することができます。
体に害のないレベルのスパイス
スパイスは料理の味を引き立てるだけでなく、各スパイスに含まれている成分からさまざまな効能や効果を期待することができます。またスパイスは、体内のタンパク質を消化するために必要なものでもあります。
過剰摂取した場合の対処法
体の調子を整え、バランスを取り戻すのに役立つ漢方やスパイス。自然の成分で一見体に悪いものは何もないように考えられがちですが、実は過剰摂取すると体に悪いのです。
安全で高品質なままスパイスを保管する方法
よく言われることですが、スパイスも漢方もハーブも、基本的には同じです。顆粒になっていたり調味料の瓶で売られていたりオイルだったりと見た目や扱い方は様々ですが、薬草として自然界で採れるものとしては何ら変わりはありません。
漢方で予防可能な症状
今や日本でも多くの人に親しまれている漢方薬。身近に病院で処方してもらう人も多いのではないでしょうか。あまりに過度な摂取は副作用の危険があるとはいえ、適量・用法を守るなら健康に計り知れないメリットをもたらしてくれます。
漢方で改善が期待できる症状
お医者さんに通って薬を飲んでも改善しなかった症状が、漢方を飲むことで改善されたという話はよく聞きます。西洋の薬と違って即効性がなく、効果が緩慢なのであまり当てにされないこともある漢方ですが、自然界の薬用効果を最大限に生かしたオーガニックな漢方は、副作用なく辛い症状を治癒または緩和できるという点でその優位性を誇ります。
PMSや冷え性も漢方で軽減できる
冷え性やPMS(月経前症候群)で悩む女性は少なくありません。夏場はクーラーが無いと熱中症で最悪死亡の危険性がありますが、かと言ってクーラーにずっと当たっていると夏場でも腹痛や冷えに悩まされることもあります。
漢方・薬膳で疲労回復を期待できる
毎日の仕事や家事で疲労が溜まる現代社会。いまや学生でも極度のストレスにさらされる時代で、上手に疲れを取る生活習慣がどうしても必要です。そもそも疲れたらどうあっても休む必要があります。いくら仕事の締め切りが迫っていても、無理がたたって日常生活に深刻な障害が生じるよりは休む方が人生の糧になります。
調理中にスパイスを使うタイミング
スパイスは生活と切っても切れない関係にあります。大抵美味しいと感じる食事にはスパイスが上手に使われています。スパイスは元をたどると植物であり、自然界に存在する食材です。
塩分とスパイスはどう違うの?
皆さんは大好物の料理はありますか?もしかしたらそれには相性抜群のスパイスが含まれているかもしれません。それらのスパイスによって料理の味が引き立つだけでなく、健康に良い効果や体の機能を向上させる効果があります。
スパイスも腐敗するの?
スパイスは料理に欠かせません。少しあると料理を引き立て美味しそうな香りを漂わせ、食欲をかき立てます。少しで良いのですが、買うときはある程度の量がパックに入っているもの。
オリジナル調合スパイスの保存方法
スパイスは今やどこでも手に入ります。そしていろいろな種類を試すうちに「市販の調味料も良いけど、もう少し自分好みのが欲しい!」という方もいらっしゃるでしょう。数々のスパイスを使ってみてその効果や風味が把握できるようになったら、自分でオリジナルのスパイスを作るのもいいかもしれません。
役立つスパイスや漢方を調合するコツ
漢方、スパイス、広義では同じですが、どちらもそれぞれの分野で科学的な研究すらされる非常に奥の深い世界です。素人がそんなものを調合とかできるの!?と思わず身構えてしまいますが、スパイスや漢方の、それぞれの材料は単体で売られています。
ハーブの成分と補給できる栄養
健康のためにハーブを使う人は大勢います。ハープ料理やハーブティーなど、どこでもハーブを使った食品や料理を見つけることが出来ます。まだ科学的に完全に解明されてないと言われるハーブですが、その健康効果は周知のとおりで、実際に体に様々な良い影響を与えてくれます。
漢方の成分と補給できる栄養
漢方薬はその効能と、自然由来の生薬で人工的な化合物を使用しない点から注目を浴びています。漢方は自然界にある野菜や薬草の持つ健康効果に注目し、それらを一つの医学理論に体系立てて考え、患者に合わせて処方する、東洋ではれっきとした医学です。
スパイスの成分と補給できる栄養
漢方やハーブは様々な薬理効果で知られていて、スパイスというともっぱら料理の香りや風味付けのためのものとして思われがちですが、自然界の薬草や木の実を使用するという点で漢方などと違いはなく、スパイスにも一定の治療薬としての効果が知られています。
メディカルハーブ資格を取るには
もう既にハーブを料理やお茶で毎日採る機会がおありですか?きっとハーブについてもっと学ぶ機会があればと思ってらっしゃるかもしれません。簡単なものなら台所や庭でもハーブは栽培することが出来ます。
スパイス資格を取るには
スパイスを料理に使ううち、「もっといろんな使い方を勉強してみたい!」と思うようになるかもしれません。また身近なスパイスが、健康を保つのに役立つ様々な効果を知るにつれて、より体系的に学んでみたいという方もいらっしゃいます。
漢方資格を取るには
副作用が少なく、体に優しい漢方薬。治療のみならず病気の予防という点で西洋薬とは異なり、体のわずかな不調も治療対象にする効率的な薬学です。実際に効果を発揮すれば、病気が発症してから医療機関に行くよりもはるかに経済的で、かつ体への負担も少ないと言えます。