漢方とは?

 

漢方薬と聞くと中国をイメージする方も少なくないことでしょう。しかし、漢方は日本独自で発展した日本の医療のひとつで、自然界にある植物や鉱物、動物などの生薬を複数組み合わせて処方調合し作られている薬です。

 

身体のバランスを整えて、人それぞれの症状に合わせて調合することが特徴となっています。

 

何千年という長い期間行われてきた治療の経験から、どの生薬を組み合わせるとどのような効能や効果があるのかということが分かり、それが漢方処方薬として現代に、そして日本でとりいれられている日本独自の医学となっています。

 

漢方医学と西洋医学の違いとは?

漢方医学は、体全体を整えて自然にからだの治癒力を高める、つまり自然治癒が基本的な考え方となっています。病人の体力や抵抗力の回復を図っていく治療方法なので、即効性はあまりなく、比較的長い期間の治療が必要となります。

 

一方西洋医学は、体の悪い部分だけを治療します。患部を集中して治療することができるので、比較的短期間で治療効果を得ることができます。

 

最近の医療では、漢方医学と西洋医学を融合し、それぞれの良いところを引き出すことで治療の幅が広がっています。

 

自分に合った漢方薬の見つけ方とは?

漢方薬はさまざまな生薬を複合的に組み合わせて、患者さんの病態やその人の体質に合ったものを作ります。

 

そのため、自分の体質や症状に合った漢方薬でないと、効能を十分に発揮することができません。そのため、自分の体質をも極めることはもちろん、漢方に詳しい医師を探す必要もあります。

 

また、自分で漢方について学び、それぞれの生薬の知識を取り入れることもできるでしょう。そこで今人気のJSFCA(日本安全食料料理協会)主催「漢方コーディネーター」資格取得を目指してみることができるかもしれません。

 

まとめ

漢方とは日本独自の医学で、自然界にある植物や鉱物などのさまざまな生薬を組み合わせて処方調合されて作られる薬・漢方薬です。

 

患者さんの病態や体質に合わせてその人だけのオリジナル漢方を処方調合することができます。一般的に漢方薬を飲み続けることで効いていくタイプが多いですが、中には即効性のある漢方薬もあります。漢方コーディネーター資格を取得するなら、自分で自分の体調に合った漢方を選ぶことができる便利な資格となっています。

 

あなたもこの機会に漢方コーディネーター資格取得を目指してみるのはいかがですか?

関連ページ

薬膳資格を取るには
体にいい、健康の回復と促進を目指した料理全般を「薬膳」。日々の生活で実践できると自分や家族の健康に計り知れないメリットをもたらしてくれます。薬膳について学ぶと、おのずと健康への関心が高まり、食生活が改善されます。
漢方医学で病気を予防しよう
誰しも健康で長生きしたいと思うものです。病気など迷惑でしかありませんが、現代医学をもってしても、生きている限り何がしかの病に襲われることは避けようがありません。
薬膳とは
薬膳とは簡単に言うと、季節や自分の体調に合わせた食材を選んで調理し摂取することです。薬膳には”薬”という字が入っていますが、食材にも薬と同じくらいの薬効効果があることを意味しています。
中医学とは
中医学は日本でいう東洋医学とほぼ同じです。しかし、東洋医学にはインド医学や、チベット医学なども含まれているため中医学と呼んでいます。中医学の基本は、中国伝統哲学が発展した医学となっています。