中医学とは?

 

中医学は日本でいう東洋医学とほぼ同じです。しかし、東洋医学にはインド医学や、チベット医学なども含まれているため中医学と呼んでいます。中医学の基本は、中国伝統哲学が発展した医学となっています。

 

現代医学とも言われいる西洋医学は、解剖学から発展した医学ですが、中医学は哲学理論、つまり、哲学で人間の身体の仕組みを考えながら病気の状態を解明して治療をしていくという考え方をしている医学となっています。

 

このように、古代哲学を基本とする中医学は、整体観念と視察病理を理論基本とし、四診合参という診断方法を取り入れることで、弁証論治という治療方法を行います。

 

そして、天然由来の生薬を使用して治療していくという特徴があります。

 

中医学と日本漢方の違いとは?

中医学の治療は、診断によって病気の原因と経過を明らかにしていき、それに基づいて治療法を決めていくという特徴があります。

 

一方、日本には中医学の考えをベースに取り入れた漢方医学というものがあります。漢方医学は、診断の結果を基にし、病気のパターンを分け、証に対応した漢方薬で治療をしていくという特徴が中医学とは異なっています。

 

つまり、中医学と日本漢方は同じ中国伝統医学というルーツを持っていますが、異なる発展をしている医学となっています。

 

中医学的な治療はどこで受けることができる?

日本で中医学的治療を受けたい場合、東洋医学を標榜している医療機関を受診してみることができます。しかし、中医学に基づく治療を受けることができるのは一部の機関だけなので、前もって問い合わせをしてみることができるでしょう。

 

もし中国伝統医学に興味はあるなら、独学で学んでみることができるかもしれません。なぜなら、日本にはまだ中国のような中医学専門の大学がないからです。しかし、日本各地に中医学研究会や学習会などが開かれているので、それらについて調べてみることもできるでしょう。

 

まとめ

中医学は東洋医学とほぼ同じ考え方をしています。

 

古代哲学を基本としている中医学は、整体観念と視察病理を理論基本とし、四診合参という診断方法を取り入れることで、弁証論治という治療方法を行い、天然由来の生薬を使用して治療していくという特徴があります。日本漢方はこの中医学の考え方をベースとして取り入れています。

 

中医学も日本漢方も中国伝統医学というルーツを持っていますが、治療方法は異なっています。

関連ページ

薬膳資格を取るには
体にいい、健康の回復と促進を目指した料理全般を「薬膳」。日々の生活で実践できると自分や家族の健康に計り知れないメリットをもたらしてくれます。薬膳について学ぶと、おのずと健康への関心が高まり、食生活が改善されます。
漢方医学で病気を予防しよう
誰しも健康で長生きしたいと思うものです。病気など迷惑でしかありませんが、現代医学をもってしても、生きている限り何がしかの病に襲われることは避けようがありません。
漢方とは
漢方薬と聞くと中国をイメージする方も少なくないことでしょう。しかし、漢方は日本独自で発展した日本の医療のひとつで、自然界にある植物や鉱物、動物などの生薬を複数組み合わせて処方調合し作られている薬です。
薬膳とは
薬膳とは簡単に言うと、季節や自分の体調に合わせた食材を選んで調理し摂取することです。薬膳には”薬”という字が入っていますが、食材にも薬と同じくらいの薬効効果があることを意味しています。